So-net無料ブログ作成
検索選択

<EV>充電なしに1003キロ 世界最長記録ギネス申請へ(毎日新聞)

 自動車愛好家でつくる市民団体「日本EVクラブ」(東京)は23日、途中で充電せずに電気自動車で1003.184キロを走ることに成功した。無充電の走行距離の世界記録は現在、同クラブが持つ555.6キロで、ギネスブックへの登録を申請する。記録への挑戦は、茨城県下妻市のオートレース選手養成所の楕円(だえん)形コース(1周689メートル)で実施。車両はダイハツ工業の軽自動車「ミラ」を改造。三洋電機製のリチウムイオン電池8320本(360キログラム)を搭載した。同クラブは昨年11月に東京から大阪まで公道555.6キロを完走してギネスに認定されている。今回も同じ車両だが、公道ではないため加速や減速をせずに済むことから距離を伸ばした。

【関連ニュース
【写真特集】EV参入続々 競うベンチャー
【写真特集】ギネスに挑戦!フェラーリ・フェスティバル
【写真特集】三菱のEV「アイーミーブ」
トヨタ:米テスラ・モーターズと提携 EV共同開発へ
ゴーン日産社長:13年にEV8車種…「量産で低価格に」

傷害罪の成否カギ シー・シェパード元船長、きょう初公判(産経新聞)
自ら磨いて感謝とコスト意識=日航社員、車いす清掃―羽田空港(時事通信)
<東京都教委>「心の病」復帰の教員支援 訓練機関を開設へ(毎日新聞)
ネット選挙解禁法案を決定=今国会で成立目指す―与野党(時事通信)
首相との面会要求=共同声明に抗議―徳之島3町長(時事通信)

「大敗しかねない」民主に不安…北教組初公判(読売新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員陣営と北海道教職員組合(北教組)をめぐる政治資金規正法違反事件で、小林氏陣営幹部が18日の札幌地裁での初公判で起訴事実を全面的に認めたことを受け、党内では夏の参院選への影響を懸念する声が一段と強まった。

 夏に改選を迎える参院議員は、鳩山首相や小沢幹事長の「政治とカネ」問題への批判も念頭に、「不祥事にけじめをつけない姿勢が党の体質のように受け止められている。厳しい対応を取らなければ、参院選は大敗しかねない」と不安を語った。

 ただ、高嶋良充参院幹事長は18日の記者会見で、「公判で新事実があれば(影響が)あるが、今までの報道内容以上は出ていない」と述べ、参院選への影響は限定的だとの考えを強調した。

無症状キャリアーは対象外=救済案、国側が一時検討―B型肝炎訴訟(時事通信)
多額保険、養子縁組の直後=袋詰め遺体、同居の夫妻と−大阪府警(時事通信)
口蹄疫、金融機関に対応要請へ=亀井金融相(時事通信)
<文科省>コミュニケーション能力の育成へ会議発足(毎日新聞)
「世話が焼ける」 認知症の姉をハンマーで撲殺 無職の66歳弟を現行犯逮捕 警視庁(産経新聞)

マニフェストの記載項目、13日にも「たたき台」−民主党企画委(医療介護CBニュース)

 民主党の「マニフェスト企画委員会」は5月10日に会合を開き、参院選マニフェストの医療介護分野を担当する国民生活研究会(中野寛成会長)など3つの研究会や政治改革推進本部、外交安保作業チームから報告を受けた。今後、同委員会の委員長と主査が報告を基にマニフェストに記載する項目を取りまとめて「たたき台」を作成し、13日にも開かれる次回会合では、それを基に本格的な議論を始める予定だ。

 会合後、主査の細野豪志副幹事長は記者団に対し、「きょうは一つの節目の委員会だった」とした上で、「3つの研究会からかなり詳細な報告を受けた。それぞれの研究会には非常に多くの議員からの提案があり、会合には多くの議員が参加して意見を述べていたので、非常に充実した中身の報告を頂いた」と述べた。

 今後の予定については、同委員会委員長の仙谷由人国家戦略担当相、高嶋良充筆頭副幹事長、主査の細野副幹事長、古川元久内閣府副大臣の4人でマニフェストに記載する項目を取りまとめ、たたき台を作ると説明。「マニフェストは大体10ページ前後のもの。その中に入れることができる情報量は極めて限られる。その中でどういう項目を記載するのかのたたき台」とした。
 また、財政的な制約をしっかりと勘案してマニフェストの中身を決めていく考えを示した上で、「さまざまな制約がある中で、どういう項目を記載していくのかはまさにこれからの議論。項目の集約なり、ある程度の絞り込みが企画委員会の大きな役割になる」と述べた。

 同委員会は、集中的な議論を経て素案をまとめ、20日をめどに開かれる政権公約会議に提案する予定だ。


【関連記事】
財政健全化と社会保障改革は密接不可分―民主研究会が公約案
「財政的に無責任と非難浴びるものだといけない」−民主党マニフェストで中野氏
「保険外併用療養の対象項目拡大」などを提言−民主党規制改革研究会
医療・介護の現場を反映、「政権政党」を意識−民主党参院選マニフェスト素案検証
マニフェストの進捗でヒアリング―民主党研究会分科会

中国大使に抗議=海保測量船の追跡で−岡田外相(時事通信)
ツイッター活用した新聞創刊へ=首都圏の若者ターゲット−毎日新聞(時事通信)
週明けから全国的に低温か=気象庁が注意呼び掛け(時事通信)
沙也さんの心臓移植、米で無事終了…容体も安定(読売新聞)
<NHK経営委>倉田真由美氏と幸田真音氏ら 人事案提示(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。