So-net無料ブログ作成
検索選択

日中戦争めぐり首相「やられた方は覚えている」 (産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は5日午前、首相官邸で、日中ジャーナリスト交流会議の中国側代表団の表敬訪問を受けた。同席した日本側座長の田原総一朗氏によると、日中戦争について意見交換した際、首相は「やった側は忘れ、やられた方は覚えている。心しないといけない」と語ったという。首相は日中両国の関係強化についても意欲を示した。

 同会議は両国のジャーナリストが自由な議論を通じて理解を深めるため平成19年に発足し、中国側代表団は福田康夫首相(当時)とも会見している。

【関連記事】
中国への歩み寄りは無意味
日中関係にらみ…今が「適切なタイミング」? 毒ギョーザ逮捕
鳩山首相「中国の努力評価」 ギョーザ中毒事件で容疑者拘束
鳩山首相、ガス田問題で「東友愛の海にする努力必要」
揺らぐ日米関係 アジア・大洋州地域の憂鬱
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

上方漫才 「中川家」が大賞受賞 奨励賞は「笑い飯」に(毎日新聞)
<火災>高齢者住宅、入居者同士助け合って避難 1人病院搬送 福岡(毎日新聞)
「玻」は名前に使えず 両親の特別抗告を棄却 最高裁(産経新聞)
「仕分け人」に働き掛けないで=行政刷新相(時事通信)
<女性変死>名古屋のアパート自室で 頭部にこぶ状の外傷(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。